設立のため法人登記

会社設立のための法人登記

会社設立と言うのは事業を興そうとする人にとっては重要な第一歩になります。そのための手続きにも様々なものがありますが、最終的に必要とされる書類一式を作成してその地域を管轄する法務局へ届け出を行うことで会社設立となります。設立することが出来る会社の種類にはいくつかの種類がありますが、最も多いのは株式会社と呼ばれる会社の形です。将来的に広く投資を募って事業拡大していくためには最も都合のよい形態であり、多くの会社が将来を見越してこの株式会社と呼ばれる会社形態で事業を行う道を選んでいます。

この様に会社設立の方法として株式会社設立を選択した場合、準備しなければならない書類のうち最も重要な書類は定款になります。この定款には会社の概要を記載することになっており、会社の名称や代表者、住所や役員の一覧などの構成要素を明記する必要があります。この様な試料に事業目的や事業の範囲など必要とされる数々の情報を盛り込み、定款が作られることになります。この定款は設立しようとしている会社の基本情報を届け出るために行うものですので必要に応じて変更していかなければならない書類の一つです。そのため慎重に作成して出来るだけ変更が無い様にしなければなりません。
株式会社設立の場合にはこの定款を3部作成して公証役場に持ち込むところから始めます。公証役場で公証人から承認を受けたら法務局へ届け出を行い、登記を行うことになります。この様な手続きをすることにより法務局で管理している登記簿に会社の情報が掲載されるようになります。この様な状態になれば登記簿謄本の作成依頼をかけることが出来るようになります。この状態になることこそ会社設立を行うということになります。

なお、法務局への設立登記を行うためには定款以外にもいくつもの作成しなければならない書類があります。会社の印鑑である代表印を作成して印鑑証明を提出するのも必要な手続きの一つであると言えるでしょう。また会社設立の場合には資本金を用意する必要もあります。その様な資金は会社名義の口座を作り、そこに資金を払い込む必要があります。この資金を資本金と言い、事業資金として対外的にも公開することになる数値です。現在の会社法では1円と言う資本金でも登記が可能ですが、信用を示す数値でもありますのであまりに安い金額での掲載は望ましくないと言えるでしょう。この様に様々な手続きが必要になりますが、それら全てをまとめて法務局に届けることで会社設立が出来るのです。

最新投稿

  • 設立のため法人登記

    会社設立のための法人登記 会社設立と言うのは事業を興そうとする人にとっては重要な第一歩になります。そのための手 …

    続きを読む...