会社設立の形態

会社設立の形態について

会社設立と言うと一般的には株式会社の設立をイメージするのが一般的です。あるいは有限会社と言う言葉を使う人もいるかもしれません。しかし現在設立可能な会社の形態には有限会社は存在しておらず、一般的には株式会社と合同会社が新規で設立される企業の形態として広く知られています。この他にも設立可能な会社の形態がありますが、現実問題としてメリットがありませんので選択されるのは多くが株式会社であり、その様な仕組みが必要ない場合に限って合同会社が選択されるようになっています。

この内株式会社は会社設立の選択肢としては一般的であると言えます。この株式会社の特徴は広く投資を集めて会社を大きくしていくことが出来る基盤を最初から備えているのが特徴であり、出資金は株式と呼ばれる方法で管理されています。そして起業活動によって得ることが出来た収益は、株主が保有している株式の数に応じて配当されることが定められており、非常に透明性に優れた仕組みが採用されています。つまり出資金が多い人ほど多くの配当を受け取る権利があり、出資が少ない人は配当も少ないという極めて単純な仕組みです。この様な仕組みにより、平等でわかりやすい管理が行われています。

もう一つの会社の形態として知られているのは合同会社です。この会社組織の形はかつて存在していた有限会社に入れ替わる形で新しく生まれた会社設立の選択肢であり、株式会社設立ほど細かな取り決めが必要ないというのが大きなポイントになっています。特に株式の様なわかりやすい仕組みを必要とせず、出資金に関係なく配当額を決めて良いという仕組みが大きな特徴になっています。そのため出資金に応じた平等な配当を義務付けることが出来ないため、広く投資を集めて事業を拡大していくということは困難です。そのため信頼関係の中で経営をしている家族経営のスモールビジネスや、個人事業主が法人としての法的なメリットを得るために選択するために選ぶ会社の形態として認識されるようになってきました。

合同会社は会社設立の手続きも株式会社に比べて簡便であり、定款や印鑑証明等類似した手続きがあるものの、公証役場での承認が必要ないという特徴があるため、会社設立費用も株式会社に比べると一段安い金額で実行することが出来ます。そのためスモールビジネスを行うことが目的であり、事業拡大を積極的に考えていないのであれば合同会社の方がメリットがあるということも出来ます。