会社設立の最短

会社設立は最短でどれくらいでできるのか

会社設立を行うためには様々な手続きが必要です。
そのために、時間がかかると考えるのは自然なことでしょう。
ただ、手続きは非常に簡単ですから、最短で1日で済ませることができないわけではありません。
たとえば、合同会社を設立するためには法務局で登記申請を行えば良いのですから、手続きそのものはその日のうちに終わらせることはできるでしょう。
しかし、それに付随するものを考えると、1週間くらいは見ておいた方が良いです。
会社組織の構造から考えて、そして出資者を募ると言ったことまで考えるのなら、半年倉はかかっても仕方がないと思っておいた方が良いです。

会社設立で最も時間がかかるのは、会社の内容をきちんと考えることです。
ここに時間がかかると言うより、時間をかけなければなりません。
どんな名前の会社でも良くて、どんな事業を行っても良いから、とにかく会社設立したいというのならすぐにでも設立できるでしょう。
しかし、会社名は重要なものですし、実際に行う事業も重要なものです。
会社組織をどこまで複雑にするのかも重要なことの一つだと言えるでしょう。
それを考えれば、時間がかかるのは仕方のないことです。
たとえば、株式会社にするのか、それとも合同会社にするのかを悩むことは必要なことの一つです。
とりあえず合同会社にしておこうと考えるのは良いことではありません。
会社設立にかかる費用が安く、最短で設立できると言うことから合同会社を選びたいと考える人はいるようですが、安易に合同会社を選んだがために、会社経営が難しくなってしまうこともあるのです。
このようjなこともありますから、どのようjな会社にするのかは時間をかけて考えていかなければなりません。

どのような会社にするのかを考えるためには、定款の内容を理解するのが良いです。
定款には会社の基本情報を記載しますから、定款が作成できれば会社のだいたいの構造は見えてくると考えられます。
たとえば、株式会社なら取締役をどうするのかを考えることも必要でしょう。
取締役会を設置するのか、取締役を何人にするのかを考えることも必要です。
事業の目的をどうするのかを決めることも必要ですし、本店所在地を決定することも必要です。
定款に記載するべき事項を一つ一つ良く考えていけば、どのような会社になるのかをある程度は把握することができます。
これらをすべて決めていれば、会社設立にかかる時間は非常に短く、最短で1週間くらいで完了させることもできるでしょう。